【評判】タカラスタンダードのリジャストを選ぶ3つの理由とは?

タカラスタンダードリジャスト
Rejust(リジャスト)は、タカラの洗面台の中でも中級グレードのタイプで、マンションリフォームに人気の化粧台です。
こちらでは、そんなリジャストの人気の理由と特徴、さらにリジャストの欠点についても解説。
リジャストにしようかどうか悩んでいる方は必見です。

タカラスタンダードのリジャストを選ぶ3つの理由とは?

① サイズオーダーできる!

評判の高いタカラの洗面台
洗面台でサイズオーダーができる商品が、非常に限られます!
上の施工事例のように、壁と壁に挟まれた場所に洗面台を設置すると、だいたいデッドスペースが出来てしまいますよね?
洗面所のデッドスペース
このような配置の家や、狭い洗面所をなるべく有効に利用したい方って多いですよね?
このリジャストを選ぶ方の多くは、サイズオーダーができるから、選んでいるのでしょう!
他社にはないぴったり感を重視するなら、タカラのリジャストしかないですね。
ぴったりサイズ
他メーカーだと、隙間を埋めるフィラーを入れるのですが、フィラーは見た目だけ埋まっている感はあるのですが、収納にはなりません!
少しでも収納スペースにしたいなら、リジャストしかないです!

② サイズオーダーできるのに安い!

リジャストの評判
上図は、リジャストの価格表です。
洗面化粧台で、10万円台のラインナップは、お手軽、つまり安いグレードに入りますが、それでもサイズオーダーができる仕様なのがすごいところ!
一般的には、サイズオーダーできる洗面化粧台は、他社製品だと、価格が倍以上になります!

 

③ マンションにぴったり!

マンションの場合、洗面台の上に梁などの出っ張りがあって、一般の洗面化粧台が設置できない!ってことも多いです。
でもタカラのリジャストは、標準サイズの高さより、10cm低くなるショートミラー仕様があります。
マンションリフォーム用の洗面化粧台として、プロユーザーが重宝しています!
高さ調整ができる
図のように、洗面本体の高さが180cmのタイプがあります。
幅だけでなく、高さもフィットする化粧台はタカラスタンダードのリジャストだけ!

リジャストの良い点は?

ボウル一体型カウンターなので、掃除がラク!見た目が格好いい!

リジャストのカウンター
タカラのリジャストのカウンターは、一体成型のアクリル人造大理石。
一般的な洗面化粧台では、20万円以上の中高級クラスで使われる素材だが、タカラのリジャストは、低価格帯にもかかわらず贅沢な素材感です。
パッと見は、安い感じがなく、コスパの優れた洗面台と言えるでしょう!
カウンター形状は、フラットカウンター、ハイバックカウンターの2つのタイプから選べます。
人気は水栓が水で汚れないハイバック式。洗面台で簡単な洗い物をする場合は、深さがあるフラットカウンターがおすすめ!

ただ、カウンター形状によって、オーダーできる間口(幅)に制限がありますので、
どちらがよいかはプロの業者さんに相談することをおすすめします。
カウンター形状によるサイズ制限はこちらを参照ください。
リジャストの注意点

リジャストの欠点とは?

受注生産なので、すぐに交換したい場合には不向き

タカラスタンダード工場
サイズがオーダーなので、特注品になります。よって、受注生産扱いになるので、今洗面台が故障して急いでいる方には不向きかもしれません。
また、リジャストは、オーダーできる範囲がタイプによって制限があるので注意!
例えば、収納部を扉タイプにした場合は、サイズオーダーできる範囲が狭くなってしまいます。
引き出しタイプなら、75~150cmまで出来るのに、扉タイプは、75~90cmとなります。
90cm以上でサイズオーダーしたい場合は、引き出しタイプを選ぶしかないです!

サイズオーダーといっても、間口(幅)だけ。

サイズオーダーの洗面台
奥行、高さはサイズオーダーできません。
奥行きは、フラットカウンターの場合は60cmで、ハイバックカウンターの場合は、55cm。
高さは、75cm,80cmの2タイプから選べます。

リジャストを施工する際の注意点とは?

寸法の設定が上手くないとダメ!

お風呂リフォームの現場監督
リジャストを設置できる業者さんには、サイズを決めるためのノウハウが求められます。
サイズがぴったりといっても、1mmも隙間が無ければ、実際には設置できません。
施工上必要な隙間(クリアランス)と、なるべく隙間を無くしたい思いのバランス調整が上手いリフォーム業者さんにお願いしましょう!
タカラスタンダードの洗面化粧台は、TOTOやリクシルと比べて、数は少なく、さらにリジャストとなると、「1度も取り付けたことありません・・・」っていうリフォーム業者さんにはお願いしたくないですよね?
お勧めは、複数のリフォーム業者さんに一括見積をかけて、「タカラスタンダードのリジャストを設置したいです」というコメントを残しておけば、勝手にリジャスト経験のある得意な業者さんから、声を掛けてくれます!
サイズオーダーが失敗・・・なんてオチにならないように、業者選びはしっかりしましょう!

工事の見積もりは無料で入手できます!

化粧台の専門家

洗面化粧台の取り付けは、どの業者さんにお願いしても同じと思っていませんか?

安さだけで選んでいませんか?

失敗しない秘訣は、事前に「見積金額」と「担当者」をよく知ることです!

そんなことがネット上で、簡単に、しかも匿名で出来るサービスが今人気です!

その洗面化粧台工事の一括見積できるサイトを集めてみましたので、参考にどーぞ!

\ 無料で利用できるので人気です! /
洗面化粧台工事の『一括見積』できるサイトのランキング
一括見積は便利すぎて感動しますよ!