座り使いでゆっくり使えるプライベートドレッサーとは?

座り使いでゆっくり使えるプライベートドレッサー


洗面化粧台の値引き相場って?

こちらのリクシルのルミシス ハイバックベッセルタイプの相場の値引き率をネット、チラシをもとに調べました!
購入、検討、相見積もりの際にご参考にどーぞ!

決して定価で購入しないように!でも安すぎる値引きには罠もあるのでご注意を!

0%


化粧台の価格全てコミコミでいくらするの?

こちらの洗面台の一般的な取り付け工事費と、諸経費など工事で発生する費用のモロモロを含めた、相場価格がこちらです。

0

あくまで目安として、参考程度として下さい。


  リフォームプロユーザーの方の評価は?

ルミシスのハイバックベッセルタイプの中でも、こちらは座り使いでゆっくり使えるプライベートドレッサーですね。洗面化粧台って、お化粧台として使う方がやはり多くおられ、充実した収納、化粧がしやすいライティング、清掃面、広さ・・・など実は要求項目が多いんですね!だから、それらを金額抜きで、全て揃えたのが、ルミシスのこちらの仕様です!皆さん値段を見てびっくりしますけどね(笑)

洗面化粧台のバックパネル

お化粧の話でいくと、セラミックカウンターは、化粧水やファンデーションなどが染みこみにくく、軽く拭くだけでお手入れがカンタンです。その点が奥様の人気理由NO1ですね。キズにも強いので、お化粧の際にものを落として、カウンターに傷やヒビがはいってしまった・・・て方も多いですよね。価格は高いですが、毎日のことを考えれば、決して無駄ではないと思いますね。
広いカウンターでのメリットは、家事スペースとしても有効利用できます。例えば水汲みのスペースや、アイロンがけ、化粧道具を広げたり・・・など、満足度の高い化粧台です。売れる数は少ないのですが、やはりセレブ層の多いエリアでは、人気が高い商品です。工事費含めても100万円以下で済むんだ!って考えの方にはお勧めですよ。


リクシルのルミシス ハイバックベッセルタイプが人気な理由ベスト3

口コミ人気理由 その1

ハイバックベッセルタイプの化粧台
デザイン良くても、使いやすい!
一般的には、デザインが良い化粧台を選ぶと、どうしても掃除がしにくい、水跳ねするなど勝手が悪くなってしまうのが当然でしたが、このボウルの形状が実に使いやすさを研究されています!
単なるカッコイイ化粧台でなく、機能美なんです!
カウンターに乗っかるタイプの洗面ボウルだと、水跳ね問題がありましたが、うまく解消されてます。
つまり、ちゃんと使ってもキレイで、かつ見た目が美しい!という点が評判の高い理由ですね。

口コミ人気理由 その2

セラミックカウンターの化粧台
高級素材セラミックを使ったカウンターが超タフ!
洗面化粧台のカウンター(机の部分)って、キズが付きやすいですよね?!
化粧品やいろんな作業もする化粧台だから、キズが付きにくい丈夫な素材だったら・・・って誰もが思っていたと思います。
その問題を解決したリクシルの焼き物技術が詰め込まれたセラミックは、熱、キズ、汚れに強い素材
しかも、セラミックを触った方はご存知ですが、石のような重厚感があり、高級感が一気に増します
人気理由のもう1つが、このスペック高い、高級素材を洗面化粧台に贅沢に使っている点ですね。

口コミ人気理由 その3

フェイスフルライト
顔に影をつくらない照明!
フェイスフルライトをご存知ですか?左右からの光で顔に影をつくらないライティングで、多くの女性の方に支持されています!
ちなみにタッチレススイッチなので、手を差し出すだけで、オンオフ、さらに光の調整までタッチレスで出来ます!
化粧台という名称ですから、いかにお化粧タイムを効率的に行うかが、ポイントですよね?


洗面化粧台のデータ

メーカー リクシル
化粧台シリーズ ルミシス ハイバックベッセルタイプ
間口(幅)cm 間口165cm
価格(定価) 1,060,000円

取り付け業者に注意が必要です!

化粧台の専門家

洗面化粧台の取り付けは、どの業者さんにお願いしても同じと思っていませんか?

安さだけで選んでいませんか?

失敗しない秘訣は、事前に「見積金額」と「担当者」をよく知ることです!

そんなことがネット上で、簡単に、しかも匿名で出来るサービスが今人気です!

その洗面化粧台工事の一括見積できるサイトを集めてみましたので、参考にどーぞ!

洗面化粧台工事の『一括見積』できるサイトのランキング