セレブが選ぶ洗面化粧台は、定価100万円越え・・・

ルミシスのハイバックベッセル


洗面化粧台の値引き相場って?

こちらのリクシルのルミシス ハイバックベッセルタイプの相場の値引き率をネット、チラシをもとに調べました!
購入、検討、相見積もりの際にご参考にどーぞ!

決して定価で購入しないように!でも安すぎる値引きには罠もあるのでご注意を!

0%


化粧台の価格全てコミコミでいくらするの?

こちらの洗面台の一般的な取り付け工事費と、諸経費など工事で発生する費用のモロモロを含めた、相場価格がこちらです。

0

あくまで目安として、参考程度として下さい。


  リフォームプロユーザーの方の評価は?

ルミシスのハイバックベッセルタイプは、定価965,000円するグレードです。ここまで高級ラインの化粧台は設置したことがないのですが、商品自体は単なる材料が高いというわけでなく、機能面もLIXIL技術をふんだんに使った最新モデルの洗面化粧台です。1番の評価のポイントは、セラミック素材のカウンター。焼きもの技術を持つINAX会社を含むリクシルだから出来る技術。既にキッチンにはセラミックは用意されていますが、洗面化粧台に使うのはルミシスだけ。熱・キズ・汚れにも強いのがセラミック!

シャープなエッジと流麗なデザインをもつボウルデザイン

リクシルの最高級キッチン「リシェルSI」で人気のあるセラミック素材を使った化粧台ですね。セラミックって焼きもの質感がとても肌触りがいいですよね。今まで化粧台はツルツルがいいって教わっていたのが、セラミックが登場してから考え方が変わりましたね。とにかく傷がつかない=綺麗さを長く保てるのがポイント!

セラミックカウンター

こちらの洗面化粧台の幅は150cmもある大サイズ。なんでそんなに大きいのが必要?って思うと思いますが、自分のお客様はセラミックのカウンターの良さである熱に強い点を使って、アイロンがけもカウンターでやってるとのこと。もちろんアイロン台を上に敷いてますけどね。


洗面化粧台のデータ

メーカー リクシル
化粧台シリーズ ルミシス ハイバックベッセルタイプ
間口(幅)cm 間口150cm
価格(定価) 965,000円

取り付け業者に注意が必要です!

化粧台の専門家

洗面化粧台の取り付けは、どの業者さんにお願いしても同じと思っていませんか?

安さだけで選んでいませんか?

失敗しない秘訣は、事前に「見積金額」と「担当者」をよく知ることです!

そんなことがネット上で、簡単に、しかも匿名で出来るサービスが今人気です!

その洗面化粧台工事の一括見積できるサイトを集めてみましたので、参考にどーぞ!

洗面化粧台工事の『一括見積』できるサイトのランキング