100万円を超える超高級洗面化粧台とは?

ハイバックベッセルボウル


洗面化粧台の値引き相場って?

こちらのリクシルのルミシス ハイバックベッセルタイプの相場の値引き率をネット、チラシをもとに調べました!
購入、検討、相見積もりの際にご参考にどーぞ!

決して定価で購入しないように!でも安すぎる値引きには罠もあるのでご注意を!

0%


化粧台の価格全てコミコミでいくらするの?

こちらの洗面台の一般的な取り付け工事費と、諸経費など工事で発生する費用のモロモロを含めた、相場価格がこちらです。

0

あくまで目安として、参考程度として下さい。


  リフォームプロユーザーの方の評価は?

ルミシスのハイバックベッセルタイプは、リクシルの2020年最新モデルになります。デザインや機能面が最新技術を取り入れられ、さらにハイグレードの高級感あふれる仕様になっていますね。ポイントは、「セラミック技術」を取り入れたボウルデザイン。ベッセルタイプにはなかったシャープさが、2020年らしいですね。機能面でもゆったりとした広さ感や、水が周囲に飛び散りにくい点も好感度UP!

洗面化粧台のバックパネル

洗面化粧台の背面をバックパネルと呼んでますが、一般的なバックパネルは、真っ白ってイメージがあるかと思います。でも、ルミシスのハイバックベッセルタイプは、洗面所の空間にアクセントをつけてくれるデザイン性の高い化粧台です。ホテル感あふれる、定価100万円を超える商品として注目されています。私もこんな化粧台がほしい・・・。
バックパネルにモザイクタイルを使う発想は、タイル屋であるリクシルだから出来るデザインセンスだと思いますね。タイルも色柄によっては、安っぽさが逆に目立つ他メーカーの例もありますが、こちらは照明のライティングセンスも良くて、タイルを間接照明のように当てている点も高ポイント!LIXIL化粧台で最も美しいと思いますね。


洗面化粧台のデータ

メーカー リクシル
化粧台シリーズ ルミシス ハイバックベッセルタイプ
間口(幅)cm 間口150cm
価格(定価) 1,032,000円

工事の見積もりは無料で入手できます!

洗面化粧台のリフォームで失敗する方の多くは、見積金額の安さだけで選んでいます!
チラシやネットで適当に選ぶのはリスクがあります!
失敗しない簡単な方法は、口コミ評価の高い業者だけが登録されているサイトに見積依頼することです!
サイト独自の審査をクリアした業者から選べば安心です!

現在多くの方が利用しているのが、ネット上で、簡単に、しかも匿名で出来るリフォーム版一括見積サイトです。

代表的なサイト:リショップナビ

その洗面化粧台工事の一括見積できるサイトを3つに厳選しましたので、ぜひ参考にご覧ください。

\ 無料で利用できるので人気です! /
洗面化粧台工事の『一括見積』できるサイトのランキング
ネット上でやり取り出来るので、断るときも安心です!